iPhone5の水没修理方法1

iPhone5, 水没修理

今回はiPhoneを自分で修理する方法(水没編)をお届けしますが、iPhoneでもシリーズやモデルによって内部の構造が違うので、修理方法も変わってきます。そこで今回はiPhone5での水没修理の方法を紹介していきます。

まず初めに、水没したiPhoneを修理する際に、絶対にやってはいけない事が二つあります。電源を入れてしまうことと、充電器に差し込むと言う事です。これは本当に絶対にしないで下さい。一発でショートしてしまう可能性があるからです。なのでこの二つについては絶対にしない様にお願いします。

それでは修理の方法を紹介して行きたいと思います。

まず初めにiPhoneのフロントパネルを外します。フロントパネルは星形のネジ二つで止まっているので、その二つのネジを外して吸盤でフロントパネルを引き上げて外します。この際に勢いよく引き上げすぎると配線が切れてしまう事がございますのでフロントパネルを引き上げる際は慎重に行う様にして下さい。

上手く開けれたら右上に銀色の盤があり4つのネジで止まっているので、そのネジを全て外し、銀色の盤を取ります。取るとコネクタが出てきますのでプラスチックのヘラで慎重にコネクタを外して下さい。

この際に雑にコネクタを取ってしまうと画面が映らなくなったり、タッチ不良になったりと不具合が生じてしまう事がありますので慎重にコネクタを取るようにしましょう。コツとしては上から手でコネクタを抑えながらヘラで剝がすようにし、コネクタに少しでも負荷が掛からない様にするのがコツとなります。